髪に優しいドライヤーとは | 髪の痛みのお手入れ方法


髪を痛めるばかりと誤解されがちなドライヤー
しかし濡れっぱなしも髪の痛みの原因に!
髪に優しいドライヤーの方法とは?

髪に優しいドライヤーとは

お風呂上りや、髪の毛をセットする時にはドライヤーを使用すると思いますが、ドライヤーは、髪の毛の痛みの原因になってしまうからあまり使いたくないという人も少なくないようです。

しかし、お風呂上がりなどで髪の毛がぬれっぱなしだと逆に髪の毛を傷める原因になってしまうことも多く、正しくドライヤーを使用することで髪の毛の痛みを最小限に留めることができるのでドライヤーは適度に使用することが大切です。

お風呂上りに髪の毛を乾かす場合は、ドライヤーを使用する前に、タオルを使用してタオルドライをしっかり行うようにしましょう。

タオルドライは、バスタオルを頭にかけてゴシゴシとふくのではなく、タオルで髪の毛をはさんでポンポンと軽く叩くようにして髪の毛の水分をとる方法を行います。

ゴシゴシとふいてしまうと、髪の毛のキューティクルが剥がれる原因となるので、どんなにシャンプーやトリートメントでケアを行ったとしても髪の毛のケアにはならないので気をつけるようにしましょう。

髪に優しいドライヤーは、髪の毛や頭皮から必ず20センチ以上離してドライヤーを使用するようにしましょう。ドライヤーから出る風は、髪の毛の根本から毛先の方向に向かって流すようにあてることで、キューティクルを守りキレイな髪の毛にすることができます。

ドライヤーの熱は、60度程度の温風で、熱で乾かすのではなく、ドライヤーの風で乾かすことを意識すると髪の毛や頭皮に負担がかかることなくヘアケアしながら髪に優しいドライヤーを使用することができます。