カラーやパーマと髪の痛みの関係 | 髪の痛みのお手入れ方法


おしゃれなヘアカラーやパーマですが
髪へのダメージが気になる所です。
髪を極力傷ませないためのポイントは?

カラーやパーマと髪の痛みの関係

カラーやパーマは、ファッションのひとつとして女性だけではなく、男性もおしゃれに行なっている人が多く、白髪をカバーしたり、イメージチェンジをすることが気軽にできるのも嬉しいものですが、カラーやパーマを行うことで、髪の毛が痛むことも多く、使用には十分注意することが大切です。

髪の毛を傷めることなく、カラーやパーマを楽しむためには、自分で極力行わずに、美容室など専門の技術を持った美容師に行なってもらうようにすると良いと思います。

ヘアカラーなどは、髪の毛の表面にあるキューティクルを薬剤を使用して開き、その部分から染料を髪の毛の内部に浸透させることで髪の毛に色をつけていく仕組みとなっています。色素を定着させると、キューティクルを閉じて色素を封じ込めることができますが、この作業を定期的に行うことでキューティクルは剥がれやすくなるだけでなく、染料の入った髪の毛の内部にもダメージを与えてしまうのです。

一度カラーを行ったら、できるだけ長持ちをさせて、カラーを行う頻度を少なくすることで髪の毛の痛みを最小限にすることができるので、カラーやパーマを行ったら、少しでも長持ちするようなヘアケアを行うようにしましょう。

カラーやパーマを長持ちさせるためには、専用のシャンプーやトリートメントを使用することと、たんぱく質が髪の毛にも十分届くように、良質のたんぱく質を意識的に摂取するようにすることで、カラーやパーマを長持ちさせることができるので、ぜひ実践してみてくださいね。