髪の痛みの原因について | 髪の痛みのお手入れ方法


悩ましい髪の痛みは、ひとつだけじゃなく
いくつかの原因がかさなって起こります

髪の痛みの原因とは?

髪の毛の痛みの原因は、ひとつではなく、いくつかの原因が重なることによって起こってしまうものです。

特に毎日のヘアケアが髪の毛や頭皮にとって良いものではない場合、髪の毛の痛みの原因となってしまうと言われているので、正しいヘアケアを行なっているかどうかを一度チェックしてみると良いかもしれません。

特に、シャンプーの方法や、シャンプー後の髪の毛のケアの方法が髪に大きな負担を与えてしまっていることが多いようです。

シャンプーは、髪の毛同士をこすり合わせて洗ったり、頭皮に爪をたてて傷をつけることがないように洗うようにしましょう。髪の毛を洗った後のタオルドライやドライヤーの使用方法、ブラッシングなども髪の毛や頭皮に負担がかからないように気をつけるだけでも、髪の痛みの原因を少なくすることができるので意識してみてください。

また、髪の毛のおしゃれのために行う、パーマやヘアカラーなども髪の毛を傷める原因となってしまうので、あまり高い頻度で行わず、パーマやヘアカラーを行った後のケアは、しっかりと行うことが大切です。

髪の毛は、ちょっとした刺激によっても痛みの原因となってしまいます。

紫外線を浴びてしまったり、乾燥した部屋で過ごすだけでも、髪の毛を傷める原因となってしまうので、紫外線対策はお肌同様に行うことが大切ですし、髪の毛が乾燥しないようなケアも行うことが大切です。

髪の毛だからと何もお手入れをしないというのではなく、顔のお肌と同様にケアしていくようにすると痛みを最小限にすることができると思います。